ゲームコラム ファミコン マリオブラザーズ

スポンサーリンク

協力プレイ→リアル喧嘩のお決まりパターン

マリオブラザーズ

マリオシリーズ一作目、アーケード版の移植でほぼ完璧に再現されたが、ドンキーコング同様一部使用の変更、ギミックが削除されている。
当時としてはお決まりの、エンディング無しループゲームである。
配管工兄弟のマリオとルイージが、下水に巣食うハエ、カニ、カメなどを退治してく内容。
配管工からわいてくる敵キャラをブロックの下からジャンプでひっくり返し、その敵に直接触れる事で倒すことができる、倒す前に再び下から突き上げると復活してしまう(カニだけは二回突き上げが必要)、またひっくり返した敵を一定時間放置すると、色が変わりスピードがアップして手ごわくなるので注意。
敵を倒すことでコインが出現これも敵同様下から叩くか、直接回収することで得点が加算される。
プレイヤーには慣性があり急には止まれない、このあたりは後のスーパーマリオブラザーズに繋がっていくシステムである。
二人同時プレイが可能であり初めは仲良くプレイするのだが途中で邪魔しあいコインの奪い合いに発展するのはほぼお決まりのコース

ページの先頭に戻る