ゲームコラム ファミコ パックランド

スポンサーリンク

パックランド、ファミコン、レトロゲーム

スポンサーリンク

操作に難ありだが記憶に残る良作

80年に発売され、80年代のミッキーマウスと称され世界で知られる日本産のゲームであるパックマンを擬人化し、横スクロール型に生まれ変わった、スーパーマリオブラザーズの開発陣も少なからず影響を受けたとの話もあり、ワープ、隠しアイテムなど、確かに共通する部分はある。

アーケード版からの移植、パックマンを操作してフェアリーランドを目指す。
BGMとあいまって、空を飛ぶようなジャンプが心地よい。
操作に癖がありA,Bボタンで前後移動、十字ボタンがジャンプになっており、慣れるまで時間がかかる。なおⅡコンを使うと十字キーで移動、A,Bボタンでジャンプといったオーソドックスな操作になる。

ジャンプで障害物やモンスターを跳び越して進んでいく、基本的には攻撃方法はないがパックマン同様パワーエサを食べることによって、モンスターをいじけさせ倒すことが可能になる。
モンスターに乗ることもできこれによってほかのモンスターから逃げたりする攻略法もある、またこのモンスターに乗ることによってでしかクリアできないステージも存在する。

ちなみに今作ではパックマンは所帯持ちであることが判明、妻のミズパックマン、息子にパックジュニア、娘のパックベイビー、愛犬のチャンプの一家である。

ページの先頭に戻る