ゲームコラム ファミコン ピンボール

スポンサーリンク

ゲーム概要

メーカー 任天堂
ジャンル テーブルゲーム
発売日  1984/2/2
当時価格 4500円

とてもシンプルな作りのピンボール。BGMなども効果音のみでボールを弾く音だけが響き渡る。
シンプルながら出来は本格的で思わずやり込んでしまう魅力がある。

ボーナスステージにはマリオとレディ(ポリーン)が登場。(板のような)床を掲げてブロックくずし風にボールを操作、ボールがビンゴランプの上を通過するたびにランプの色が変化、ランプの色の列が揃うにつれて上に幽閉されているレディ(ポリーン)の足場が失われていき、最終的には落ちてきたレディ(ポリーン)を受け止めて脱出させ、ボーナス得点となる。逆に受け止められないとミスになってしまう。

スポンサーリンク

ページの先頭に戻る