ファミリーコンピュータ【ファミコン】コンプリートアーカイブス 【ドンキーコング】

スポンサーリンク

ファミリーコンピュータコンプリートアーカイブストップページに戻る

ファミコンamazon、ファミコン復刻版、ファミコン本体、ファミコ 価格、ファミコンソフト、新品即納ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ ファミコン、ファミコン値段、ファミコンカセット、ファミコンコントローラー、ファミコンゲーム、ファミコン、ファミリーコンピュータ、任天堂、レトロゲーム、昭和、マリオブラザーズ、ファミコン攻略、ファミコンソフト一覧ジャンル別、ファミコンソフトランキング、ファミコンソフト中古、ファミコン全ソフトカタログ、ファミコンソフト値段、ファミコンソフトレア、ファミコンソフトamazon、ファミコンソフトプレミア、ファミコンソフトパッケージ 一覧







ファミコンamazon、ファミコン復刻版、ファミコン本体、ファミコ 価格、ファミコンソフト、新品即納ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ ファミコン、ファミコン値段、ファミコンカセット、ファミコンコントローラー、ファミコンゲーム、ファミコン、ファミリーコンピュータ、任天堂、レトロゲーム、昭和、マリオブラザーズ、ファミコン攻略、ファミコンソフト一覧ジャンル別、ファミコンソフトランキング、ファミコンソフト中古、ファミコン全ソフトカタログ、ファミコンソフト値段、ファミコンソフトレア、ファミコンソフトamazon、ファミコンソフトプレミア、ファミコンソフトパッケージ 一覧、ドンキーコング

ファミコンamazon、ファミコン復刻版、ファミコン本体、ファミコ 価格、ファミコンソフト、新品即納ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ ファミコン、ファミコン値段、ファミコンカセット、ファミコンコントローラー、ファミコンゲーム、ファミコン、ファミリーコンピュータ、任天堂、レトロゲーム、昭和、マリオブラザーズ、ファミコン攻略、ファミコンソフト一覧ジャンル別、ファミコンソフトランキング、ファミコンソフト中古、ファミコン全ソフトカタログ、ファミコンソフト値段、ファミコンソフトレア、ファミコンソフトamazon、ファミコンソフトプレミア、ファミコンソフトパッケージ 一覧、ドンキーコング

ドンキーコング

発売日 1983/7/15
価格  4500円
メーカー 任天堂

ソフト概要

記念すべきファミコンソフト第一弾。アーケードからの移植で、一部のステージや演出がカットされたものの、それ以外はそのままの移植が実現された。ROMの容量、技術を考慮すると、この移植度はさすがの一言につきる。
任天堂の代表作でもあり、宮本茂氏が初めて手掛けたゲームとしても有名。
マリオ(当時はまだ名は無かった)を操作しコングにさらわれたレディ(マリオの当時の彼女)
を救い出すのが目的。

アーケード版と比べ、25mなどの高さの表示は無くなっており、スタート時のデモ(ドンキーコングがレディを担いで25mの最上部に上り、平らな床を振動で斜めにさせるという内容)やステージクリア時のドンキーコングがレディを担いで上がるデモが省略されている。また、容量の問題から、アーケード版のベルトコンベアー面 (50m) が削除され3面構成となっており、1面(アーケード版の25m)で放り投げられる火薬樽が普通の樽と同じグラフィックになり、挙動も1段ずつひっかかりながら真下に落ちるか毎回同じジグザグに落ちる2種類しかないため、ランダムに来るアーケード版のようなスリルはないが全体的な出来は良く、ファミコン本体の売り上げを牽引したソフトになった。それまでのアーケードゲームの家庭版は絵が違ったりステージが1つしか遊べなかったりしたが、このゲームはアーケード版と見まごうほどの移植度の高さが特徴であり、移植度の高さは当時としては画期的であった。シンプルなステージの繰り返しだったそれまでのゲームに対し、キャラクター性とストーリー性を持たせた点でも優れた作品であることがわかる。

登場人物

プレイヤー(日本版)/Jumpman(欧米版)(→マリオ)
主人公。ドンキーコングにさらわれた恋人のレディを救い出すのが本作の目的。アーケード版の発表当時は主人公の正式名称がなく、名前が固定するまではJumpman救助マンなどとよばれていたが、続編『ドンキーコングJR.』でマリオと名づけられ、後にこの名前が本作のファミコン版などにも反映された。

コング
敵役。タルを投げてプレイヤーを妨害する。元々はマリオにペットとして飼われていた。マリオをからかうために彼の恋人をさらい、工事中のビルへ逃げ込んだ。宮本茂によれば、オリジナル版のエンディングを作った際に「マリオとドンキーは敵同士ではないため、ドンキーを殺したりするのではなく、プレイヤーが知恵を使ってイタズラ者の気を失わせる」というテーマで制作したとされる

レディ
(→ポリーン)マリオの恋人。ドンキーコングにさらわれ、50m以降の各ステージにバッグ、帽子、傘を落としていく。当初は日本版・欧米版ともにレディ (lady) と一般名詞で呼ばれており、日本では1983年発売のファミコン版以降もそのままレディの名が引き続き使用された。その後、アメリカのアニメ番組『サタデー・スーパーケード』(英語版)で彼女にポリーンという個人名が与えられ、この名前が1986年発売の欧米のNES版以降にも正式反映された。上記の経緯から、本作の日本版と欧米版でヒロインの名称が異なる期間が存在した。日本においてポリーンの名前が正式に使用されるのは1994年のゲームボーイ版『ドンキーコング』以降である。

関連動画一覧









コメントの入力は終了しました。
ページの先頭に戻る